丑の日2017年7月はいつ?「う」のつく食べ物は?

暑くなって、梅雨明けのお知らせが聞こえ
てくるとあちこちに「土用丑の日」の文字
を見かけます。美味しそうなウナギ料理の
カタログもコンビニで並んでいたりします。
今年の土用丑の日はいつなのか、そもそも
土用とは何なのか見てみたいと思います。
スポンサーリンク






今年の土用丑の日はいつ?


日本には土用の丑の日には、ウナギを食べ
る習慣があります。ウナギを食べると元気
になると言われていますが、今年はいつウ
ナギを食べたらいいのでしょうか?
今年の土用の丑の日は、7月25日(火曜日)
と8月6日(日曜日)
です。

土用って、なんですか?


土用(どよう)とは月曜とか土曜という曜日
ではなくて、暦を五行から見たときに分けた
4つの期間
を言うのです。

その4つの期間は立夏・立秋・立冬・立春の
直前の18日間
をいいますが、土用の期間のう
ちの十二支の丑の日に当たる日を土用の丑の
といいます。

土用丑の日が年により1回の年と2回ある年と
があり2日ある場合はそれぞれ一の丑・二の
といいます。2016年夏の土用は1回しかあ
りませんでしたが、今年は2度あります。
「ウナギを食べたい!」と誰かに甘えられる
チャンスが2度あるのです!

夏の土用の丑の日になぜ、ウナギ?





夏の土用は、1年の中で最も暑さが厳しいとされ
る時期にあたるため、江戸時代にはこの期間の丑
の日を「土用の丑の日」と重視し、柿の葉などの
薬草を入れたお風呂に入ったり(丑湯)、お灸を
すえたり(土用灸)すると夏バテや病気回復など
に効き目があるとされていました。

文政5年(1822年–1823年)の、『明和誌』(青山
白峰著)中に書いてあります

元々、うなぎの旬は晩秋から初冬にかけてで、
夏のうなぎは味が落ちるので夏にはうなぎの売れ
行きが悪くウナギ屋はどこも商売に困っていまし
た。

あるウナギ屋が、博学で有名な平賀源内に相談し
たところ、平賀源内は「丑の日に『う』の字が付
く物を食べると夏負けしない」という民間伝承

らヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に
貼ることをウナギ屋に勧めました。

すると、そのウナギ屋は大繁盛!

それを見た他のウナギ屋も真似をして、
土用の丑の日にうなぎを食べることがすっかり定
着しました。

昔から言われている丑の日に食べると病気になら
ないと言われている「う」の付く食べ物は、「梅
干し」「瓜」「うどん」
などがあります。

また鰻を食べることの効能が栄養学的にも最近は
解明されています。鰻には、さっぱりしたそうめ
んなどが欲しくなる今の季節に不足しがちなビタ
ミン、ミネラル類が多く含まれています。

もっとも多いのはビタミンAです。
肌荒れや視力低下を防ぐとともに、粘膜を正常化
させて風邪などを防ぐ効果があります。免疫機能
が高まることから、ガン予防にも作用するとのこ
とです。

ビタミンAは脂と一緒に摂取することで吸収率が
高まりますので、脂がのった鰻との相性も抜群と
いえます。鰻のなかでもっともビタミンAが豊富
なのは、肝の部で、肝の串焼きや肝吸い(吸い物)
栄養満点です。



皆さんもぜひ、夏バテ予防に鰻を頂きましょう。