やすらぎの郷(ドラマ)第12週向井理が特攻隊員に!

やすらぎの郷は、倉本聰氏が大人のために書いた
テレビ界で活躍した人だけが入れる老人ホームが
舞台のドラマです。第2次世界大戦の終わりに
特攻兵に対する慰問が行われていた史実がドラマ
化されることになり新たな問題がわきかかった
やすらぎの郷。
スポンサーリンク






向井理演じる、シノことシノミヤミチヒロとは


     IMG_7161.JPG   
28才のイケメンで演技派でもある俳優
老若男女に幅広い人気を持ち、清潔感もあれば
気品も備えている好感度ナンバー1若手成長株
     IMG_7158.JPG
濃野佐志美の考えた「散らない桜」を問題なく
ドラマ化を進める方法
姫がこの作品のドラマ化に乗ってくれれば加納栄吉
は引き下がるだろう
   
玉砕していく少年兵の役をシノにさせる。そのシノを
姫のところによこして、シノから姫にお願いさせる
「役者としてのチャンスをください」
      IMG_7163.JPG
姫はシノに「かわいい、可愛い。一度会いたい」
と少女のように憧れているのです。そのシノが直接姫に
会いに来て「この役をやらせてください」って頭を下げて頼んだら
姫はなよ~んって崩れるのではないか、、、