北川景子がパワハラ?イモトアヤコが「家売るオンナ」に初出演!超しごかれる

イモトアヤコさん、水曜10時連ドラ「家売るオンナ」に初レギュラー出演


7月にスタートする水曜ドラマ「家売るオンナ」(日本テレビ系)キャストが
発表され、イモトアヤコさんの出演が発表されました

世界の果てまでイッテQ!」でブレークしましたが、ドラマは15年の
「結婚に一番近くて遠い女」以来で、連ドラの出演は初めてとなります

「家売るオンナ」は、オリンピックを4年後に控えた東京で、熾烈な住宅売買競争
を繰り広げる不動産屋を中心とした作品で、まさに今の私たちの置かれている社会
に近い時間が流れていきます
北川景子扮する主人公・三軒家万智が、「私に売れない家はない」 と豪語する
“スーパー営業ウーマン”として活躍するドラマで、こちらも結婚されて初めての
ドラマで注目されています


イモトが演じるのは、万智が働く不動産屋の新人社員・白洲美加
いつになっても売り上げの上がらないダメ営業マンで、万智にしごかれる役どころです
イモトさん曰く、自分でもびっくりするくらいしごかれる役なのだとか

連ドラ出演については
「役柄同様に現場でもしごかれ、鍛えられ、『女優イモト』
として成長した3カ月後になっているといいなぁと思います」
「ダメな人だけど、みんなに愛される白洲美加を演じたいと思います」
と意気込みを語っておられます

イモトさんの女優デビュー


イモトさんが女優デビューされたのは『99年の愛 ~JAPANESE AMERICANS~』
2010年/TBS系)で、コメディではなく、深い人間ドラマでした
このドラマの出演は、本人も驚くべく、泉ピン子さんが「自分の若い頃を演じるのは
イモトがいい」と押されたからだそうです

というのも、前々からピン子さんはイモトさんとご自分の顔が似てると思っていたのと
昔は体を張って芸人活動をされていたこともあって、イモトさんのことを気にして
おられたということでピン子さんの鶴の一声でイモトさんの採用が決まった
ということです

「お芝居が面白い。もっとやりたい。」と思うきっかけになった作品なのだそうです
イモトさんは目の前にいる人が喜んでいるのを見るのが好きで、もちろんテレビの
向こうにはたくさんの人がいることもわかってはいるけれど、どうしても監督さんとか
ディレクターさんとか、共演の人を喜ばせたい思いがあるそうです

監督さんのOK!を言う顔や声のトーンが心からだと感じるともっと気持ちを込めたい
とか、もっと頑張ろうという気持ちになれるのだそうです

女優イモトアヤコとして思うこと
作品を生かすことが出来るひとに一番なりたい
どんな役をやりたいとか、目立ちたいとかよりも、作品が面白くなる要素のひとつに
なれれば、それ以上は求めません

スポンサーリンク





イモトアヤコさん(1986年1月12日 - )は、日本のお笑いタレント、珍獣ハンター、女優
本名は井本 絢子(いもと あやこ)
愛称は珍獣ハンター・イモト
鳥取県西伯郡岸本町(現伯耆町)出身、ワタナベエンターテインメント所属

2003年、鳥取県立米子西高等学校3年生の時に学校祭のミスコンテストでグランプリとなり
同時に劇の主演女優賞、エンターテイナー賞など数々の賞を受賞されました
2004年、文教大学情報学部に進学
大学3年の時にWCS3期生としてに入所し芸能界入りしました

フォーリンラブ結成前のバービーと「東京ホルモン娘」というコンビを組んで活動して
いた時期がありました
このコンビで2006年のM-1グランプリに出場したことがありましたが、その後イモトさんが
日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』で珍獣ハンターとしてレギュラーパーソナリティ
のオーディションに合格し、長期ロケに出たこともあってコンビは自然消滅してしまいました
  
写真家としても活動

イモトさんは多才で、写真家としても活躍されています
同郷の鳥取県出身の写真家・植田正治さんを尊敬しており、2014年10月から11月にかけて
植田正治写真美術館で自らが世界各地で撮影した美しい風景や現地の人々の姿など計50点を
展示する写真展「地球の絶景珍景写真展」を開催されました

関連記事
北川景子主演のドラマ「家売るオンナ」の主題歌はGreeeen新曲[beautiful days」